アラキ式 高校英語の勉強方法に関する情報

アラキ式独学革命TOP効率的な勉強方法 →アラキ式 高校英語の勉強方法

アラキ式 高校英語の勉強方法

高校生英語については、スタート時にまずレベルテストを受けていただきます。

具体的なカリキュラムに関しては、スタート時レベルテストの結果を見て、教材を決めていきますが、その前提で、一般的な勉強方法について、書いていきます。

英語の特徴は、学校で渡される英語の教科書が、とても役に立つことにあります。

ですから、学校の英語の教科書をしっかり勉強するべきなのです。

下向き矢印4

まず、英語の教科書をコピーします。それをノートの左側に貼り、右側にその和訳を書き込んでください。 意味の解らない単語や熟語の意味は、どんどんノートに書いていってください。 文法的にどう考えるかといったことも、どんどんノートに書き込みます。

これは、リーダー・文法・英作文、どの教科書でも同じです。 そして、授業で教えてもらったことを、どんどんノートに書いていってください。

このように英語は、学校の授業の予習と復習が、とても重要になります。 ですから、学校の英語の教科書に載っている英文すべてについて、日本語訳を見たら正確な英文が書けるように、繰り返し練習しておいてください。

もちろん、学校の英語の教科書の完全な理解だけでは、不十分です。

下向き矢印1

高校レベルの英語の勉強は、長文の読み込みが中心となります。実際に英語は、誰がやっても勉強方法が間違っていなければ、ほぼ確実に得意科目にできます。

英語に関しては、まず単語を覚え、文法を勉強し、英文和訳を勉強し、英作文を勉強するといった感覚の人が多いのではないでしょうか。 そこまではっきり意識していなくても、とにかく英単語を覚えなければいけないという感覚の人は多いと思います。 なぜなら高校用の教科書や参考書・問題集には、はじめて見る英単語が、ものすごくたくさん出てくるからです。

しかしアラキ式では、
まず単語をたくさん覚えるといった勉強方法はとりません

下向き矢印1

英単語を覚えるよりも、長文の英文の読み込みに力を注ぎます。

実際に、現在の大学入試試験の英語は、長文読解にウエイトがおかれているところが多いのです。

最初に単語だけ覚えるのではなく、英文を多く読み込むことに力を注ぐことのほうが、はるかに効果的です。

多量の英文を読み込むことで、自然に単語を覚え、文法の知識も得られます。

つまり、英単語は英語の文章ごと、自然に覚えたほうが効率的なのです。

このコンセプトで書かれているのが、増進会の「速読英単語シリーズ」と「速読英熟語」です。

名前は「速読英単語」ですが、実際に見ていただくとわかるように、英文と和約が書かれていて、文法の解説もついています。 この和約を見て、英文を書けるようにします。

同時に文法も理解し覚えます。覚えるべき単語が赤字で書かれていて、赤いプラスチックの透明なフィルムがついていますから、文章の流れのなかで自然に単語を覚えることにも役に立ちます。

あくまで、長文のなかでの単語(あるいは熟語)を覚えるのです。

単語を覚え、文法を理解しようと思ったら、
英文全体を覚えるのが、アラキ式です。

また、同じテキストを2度、3度やらないと身に付きません。徹底して復習してください。